補充原則3−1.A
 

 

 【補充原則3−1.A】

上場会社は、自社の株主における海外投資家等の比率も踏まえ、合理的な範囲において、英語での情報の開示・提供を進めるべきである。

 

〔形式的説明〕

海外投資家を対象にした英語での情報開示についてです。これは補充原則1−2.Cにおける株主総会招集通知の英文作成と関連させた扱いということになると考えられます。どちらも自社の株主における外国人比率を踏まえて対応すると述べられているので、各企業の株主構成によって、英文開示を進めるかどうか判断すればいいということになる、と考えられます。

 

〔Explainの開示事例〕

本多通信工業

招集通知の英訳は、20153月末時点で外国法人等の持ち分が5%のため、業務、効率面から未実施。20%を超えた段階で実施します。


関連するコード        *       

原則1−7.

基本原則2.

原則2−2.

補充原則2−2.@

基本原則3.

原則3−2.

補充原則3−2.@

補充原則3−2.A

基本原則4.

原則4−4

補充原則4−4.@

原則4−7.

原則4−8.

補充原則4−8.@

原則4−9.

原則4−10.

補充原則4−10.@

補充原則4−13.@

補充原則4−13.B

 
コーポレートガバナンス・コード目次へ戻る