日常生活
相笠昌義のまなざし
 

2018年5月17日(木)東京オペラシティ・アートギャラリー

用事があって、めずらしく会社を半休したところ、用事が思いの外早く片付いてしまったので、手近なところで少し気になっていた「五木田智央 PEEKABOO」を見に、東京オペラシティアートギャラリーへ行った。実際に行ってみたら、お目当ての五木田智央よりもコレクションによる常設展の相笠昌義の方が楽しかった。

相笠昌義という作家については、どう紹介したら良いでしょうか。例えば「駅にて:夜」という作品をもとに、次のように解説されています。“相笠は、私たちが「自明のこと」として敢えて考えることすらしない、日常のなかの実は不可思議なさまを描くようになります。たとえば、駅で電車を待つ人たち。数分後には電車がやってきて、向かいのホームの人々はほうきで掃かれたようにいなくなってしまう。車内で隣り合う人も、たまたま居合わせた他人同士で、ある時間と場所を共有しながら、それぞれが互いの存在すら意識しないまま去って行く。高密度な社会でありながら、人間同士の関係が希薄な現代生活の一断面は、相笠の眼には奇妙この上ない光景に映るのです。生活者の一員として日ごろこのような状況の一部となっているにもかかわらず、そのことに無自覚な私たち鑑賞者は、相笠の作品を前にして初めて自らを客観視するのです。”夜の灯りに照らされてなのか、黄昏時の独特の太陽の光なのか、小豆色がかった暖かい色合いの画面は、駅のプラットホームを遠目に、電車を待ってホームに佇む人々を描いた日常的な風景のようです。しかし、この作品を、このように言葉にして説明していくと、その説明しているものとはどこか違うのです。しっくりこないというのか、違和感というと大げさになってしまいますが、違うのです。それは、例えば駅のプラットホームと人々は描かれていますが、その背景は暗闇になっているのです。ふつう、鉄道の駅は街中にあり、ホームに帰宅する人が電車を待っているというのであれば、駅の周りに会社のビルやちょっとした繁華街があってもいいはずです。この作品では、まるで抽象的な暗闇のような空間に人影があるプラットホームが浮かんでいるようなのです。リアルな存在感があまり感じられない、と言ってもいいです。しかも、ホームにいる人々は、それぞれが個性を持った人物ではなくて、まるで人形なのです。ひとりひとりの人物の顔には、表情や個性は描きこまれておらず、顔の形があるというだけです。しかも、人々には動きが感じられず止まっています。だから、実際の駅のプラットホームというよりは、模型でつくった駅のジオラマを描いたもののように見えます。だから、一見、抒情的で庶民的な日常のペーソスのありそうな風景の描写で、この画面にいる人たちには、例えば、家でパパの帰宅を待っている家族がいるとか、会社帰りに仲間と軽く一杯飲んでといった物語を、それぞれが持っているということになりそうな場面です。たまたまホームに場を共にしている、といった具合にです。しかし、この作品は、そういう想像を見る者に起こさせないのです。むしろ、そういうことを見る者にさせないように、敢えてそういうものとして描いているように、私には見えます。そんな作品は、素っ気なくて面白味がないのではないかと言われそうです。何が面白くて、そんな作品を見るのか、と。しかしと、この作品をみていて思うのです。私達は、日常の風景を、例えば物語をつくってしまって、目でちゃんと見ることをしていないのではないか。あるいは黄昏の暖かな光のこのような風景をペーソスとか抒情的とか気分のヴェールを通してしまっている。そういう馴れ合い、もっというと惰性で接していて、見るということをしていない。しかし、そこで自分の目で見てみると、駅のプラットホームの光景という言葉にしてしまうと零れ落ちてしまう、言葉にできない、目で見ることしかできないようなものがある。それを相笠という作家はピックアップして、いつもは見ていない私のような人間にも見ることができるように画面を作ってくれている。だから、現実の駅のプラットホームで、実際に私の目の前にあるはずなのに見えていないのを、この作品では見えているように描いて画面を作っている。画面が止まっていて、リアルな感じがしないのは、その結果としてなのではないか、そういう作品ではないかと思います。だから、肝心なところは、既成の言葉には置き換え難い。かなり抽象的な言い方ですが、それが相笠の作品の特徴ではないかと思います。

「政治家S氏の巨きな頭部」というリトグラフです。これは「文明嫌悪症」という連作シリーズのひとつです。相笠には明快なかたち(フォルム)を好む癖があるということですが、ひとつひとつの部分を明快にはっきりと描いていて、とくにメカなどを細かく描くところなどは画家が喜々として描いているように見えます。おそらく、モノクロの版画とかペン画のような線描で輪郭のハッキリとした形を描写するということが、本来的に好きなのではないかと思います。しかし、そのことは単なる写実という方向には向かっていない。それは、この作品を見ても、部分的にはキッチリと形を描写したものを並べてみたら写実とは程遠い画面になってしまっている。おそらく、相笠はこの画面の構成をまず構想して、そこに部分を挿入していったというよりは、部分をキッチリと描いて、その部分を積み重ねた結果、このような画面が出来上がってしまったのではないか、と私には思えます。その、結果としてリアルがズレていってしまった。それがこの相笠という画家の作品の肝ではないかと私には思えます。この作品では、そのズレが極端ですが、この後の油彩の作品では、そのズレが縮まっていきますが、必ずズレていて、それが微妙とものとなっていって、その微妙さが独特の味わいを作り出すようになった、と思います。

 
絵画メモトップへ戻る